粒子衝突シミュレーションによる物理・化学公式の可視化と授業への導入

Visualizing Formulas in Physics & Chemistry using Particle Collision Simulator, and introducing into school classes

中等課程における「熱力学」や「気体の状態変化」で学習する公式や事象は,数学的に理解できるが視覚的に確認したことがないものがある.そこで
CPP言語を用いて粒子衝突シミュレータを制作し,力学的エネルギーの保存,気体分子運動論,ブラウン運動,Maxwellの速度分布.エントロピー増大の法則を視覚的に確認できるソフトウェアを制作した.制作したソフトウェアは実際の物理の授業で使用された.

ps_impact_image







[引用 | 奈良女子大学附属中等教育学校SSH論文集]

発表論文他

査読付き英語論文・日本語論文・発表・展示会
西田惇.米田隆恒,"粒子衝突シミュレータの制作とその応用",奈良女子大学附属中等教育学校SSH論文集,2009