Conference

Our project has been accepted to SIGGRAPH 2017 Emerging Technologies

Our project "Wired Muscle" has been accepted to SIGGRAPH 2017 Emerging Technologies, which will be held in Los Angels, USA during Jul. 30 - Aug. 3.
This work has been done in a cooperation with Shunichi Kasahara, a researcher of Sony Computer Science Laboratory.

Jun Nishida*, Shunichi Kasahara*, and Kenji Suzuki. 2017. Wired Muscle: Generating Faster Kinesthetic Reaction by Inter-personally Connecting Muscles. In Proceedings of SIGGRAPH ’17 Emerging Technologies, Los Angeles, CA, USA, July 30 - August 03, 2017, 2 pages. https://doi.org/10.1145/3084822.3084844
* The first two authors contributed equally to this work.

Sony CSL | https://www.sonycsl.co.jp/member/tokyo/198/

SIGGRAPH 2017 | http://s2017.siggraph.org/content/emerging-technologies

SIGGRAPH2017 Banner

Talk & Demo at ACM CHI 2017

From May. 6 to 11 in Denver USA, we had a full paper presentation and an exhibition of bioSync Project at ACM CHI 2017.
Thank you for visiting our talk and booth !

May. 9 Tue. | Sensing & Input Session by Gierad Laput

ACM Digital Library | PDF

* Photo taken by Shirley : )

chi2017_talk_interactivity

Our full paper of bioSync project has been finally accpeted to CHI 2017 !

Our full paper of bioSync project has been finally accepted to CHI 2017 Papers !

Jun Nishida and Kenji Suzuki, 2017, "bioSync: A Paired Wearable Device for Blending Kinesthetic Experience", In Proceedings of the 35th Annual ACM Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI '17), 12 pages, DOI: 10.1145/3025453.3025829 (acceptance rate ~25%)

Image from CHI 2017 | https://chi2017.acm.org

chi2017_web_banner

第79回情報処理学会 企画セッション「将来の情報学リーダーが創造する新しい価値」にて講演しました

2017318日に名古屋大学 東山キャンパスで開催された第79回情報処理学会の企画セッション「将来の情報学リーダーが創造する新しい価値」において,講演を行いました.
たくさんのご来場ありがとうございました.

10:40-11:10 講演(3) 人々の身体的・社会的インタラクションをエンパワーする拡張生体技術
西田 惇 (筑波大学 グローバル教育院 人工知能研究室)
【講演概要】
本講演では,人の自立を支援し,人々の生活の質を向上させる新しいインタラクションとこれを実現する拡張生体技術について紹介する.運動覚体験の融合に基づく身体性共有とリハビリ支援や,身体性変換に基づく小児の身体性の再現とデザイン支援といった,人々の相互理解を支援するウェアラブルデバイスについて述べる.エンパワー(Empower)とは人に能力や権限を与えるという意味であり,これまで個人や集団が潜在的な能力を発揮することを可能にする社会を実現しようという社会学的な意味で用いられてきた.ここでは人々の残存機能の最大活用と主体的なインタラクションの保存に着目した新たな情報学を提唱し,その展望について述べる.
【略歴】
2014年筑波大学理工学群工学システム学類卒業.現在同大学院グローバル教育院一貫制博士課程エンパワーメント情報学プログラム在学中.2016年より日本学術振興会特別研究員(DC1).ヒューマンコンピュータインタフェース,拡張生体技術,ウェアラブルデバイスに関する研究に従事.受賞: Microsoft Research Asia Fellowship Award,IEEE VR Honorable Mention,筑波大学長表彰他35件.

Invited talk at 79th annual conference of Information Processing Society of Japan.


第79回情報処理学会「将来の情報学リーダーが創造する新しい価値」 | https://www.gakkai-web.net/gakkai/ipsj/79/event/html/event/A-4.html

* Photo taken by Associate Professor Takatsugu HIRAYAMA, Nagoya University

ipsj2017

Our full paper of bioSync project has been accepted to CHI 2017 Interactivity

Our full paper of bioSync project has been accepted to CHI 2017 Interactivity as Invited/Companion Demo.

bioSync Projectが米国コロラド州で開催される国際学会ACM SIGCHI 2017 Interactivity SessionInvited/Companion Demoとして採択されました.

CHI 2017 | https://chi2017.acm.org

Our full paper of bioSync project has been accepted to Transactions of Virtual Reality Scoiety of Japan

Our full paper of bioSync project has been finally accepted to Transactions of Virtual Realty Society of Japan ! (In Japanese)
プロジェクトbioSyncのフルペーパー(基礎論文)がVR学会論文誌 第22巻第1号「つなぐ技術(人・モノ・社 会)」特集に採録となりました.

西田 , 鈴木 健嗣, "bioSync: 人々の運動覚体験を融合するウェアラブルデバイス", VR学会論文誌「つなぐ技術(人・モノ・社会)」特集, Vol.22, No.1, 2017 (in press)

ACM TEI2017 Studio: We-Coupling!: Designing New Forms of Embodied Interpersonal Connection

We are going to organize TEI Studio "We-Coupling!: Designing New Forms of Embodied Interpersonal Connection" , which covers participatory demos and discussions of co-embodiment related projects.
You can experience novel and exciting wearable devices that allow you to share or connect your sensation or experience with another person !

Join a day of creative experimentation in Yokohama, Japan !

Organizers: Robb Mitchell, Enrique Encinas, Shunichi Kasahara, Jun Nishida

https://wecoupling.wordpress.com
https://tei.acm.org/2017/

tei_banner

つくば医工連携フォーラム2017にて招待講演を行いました

2017120日に国立研究開発機構 物質・材料研究機構で開催されたつくば医工連携フォーラム2017の筑波大学セッションにおいて,招待講演を行いました.
たくさんのご来場ありがとうございました.

Invited talk at Tsukuba Medical Engineering Forum 2017


つくば医工連携フォーラム2017 | http://www.nims.go.jp/mana/ikourenkei2017/

me2017_topimage

ハードウェアコンテストGUGEN2016において,プロジェクトbioSyncが大賞を受賞しました

2016年12月17日に秋葉原コンベンションセンターで開催された株式会社P板.com主催のハードウェアコンテストGUGEN2016において,プロジェクトbioSyncが大賞を受賞しました.
たくさんのご来場ありがとうございました.

出展協力 | 筑波大学大学院 感性脳科学専攻 博士前期課程 西村渉氏
GUGEN2016 | https://gugen.jp





プレスキット

本プロジェクトに関するプレスキットはこちらからダウンロードできます.またはcontact formからお問い合わせ下さい.ビデオ資料はこちらから参照できます.

Our project bioSync received Best Award at Hardware Competition GUGEN 2016 held in Akihabara, Tokyo on Dec. 17th.

西田 惇,西村 渉, "bioSync: 身体接続技術に基づく新しいインタラクション", GUGEN2016, 2016

主著のフルペーパーがSIGCHI 2017 Papers & Notesに採択されました

主著のフルペーパーが米国コロラド州で開催される国際学会ACM SIGCHI 2017 Paper & Notes Sessionに採択されました.

Our full paper has conditionally accepted to CHI 2017 Papers & Notes !

Image from CHI 2017 | https://chi2017.acm.org

chi2017_web_banner

ACM UIST2016 Student Innovation ContestにおいてHonorable Mention Awardを受賞しました

20161016日から19日に国立情報学研究所で開催された29th ACM User Interface Software and Technology Symposium (UIST2016) Student Innovation Contestにおいて,プロジェクトbioSyncHonorable Mention Awardを受賞しました.
たくさんのご来場ありがとうございました.

Our project bioSync was awarded as Honorable Mention Award at ACM UIST 2016 held in Tokyo, Japan on Oct 20.
Thank you for visiting our booth !

[ Photos from UIST flickr | taken by ACM Photographer Amy Zhang]
DSC_2575

DSC_2401

uist2016

株式会社リバネス本社にてトークを行いました

2016年6月14日に株式会社リバネスにてトークを行いました.
たくさんのご来場ありがとうございました.

Leave a nest Inc. | https://lne.st

株式会社WHITE本社にてトークを行いました

2016年5月30日にMilboxを開発販売する株式会社WHITE本社にてトークを行いました.
たくさんのご来場ありがとうございました.

WHITE Inc. | http://255255255.com

IEEE VR 2016においてHonorable Mention for Best Demoを受賞しました

2016年3月21日〜23日に米国サウスカロライナ州で開催された国際学会IEEE Virtual Reality 2016 Research Demos SessionにおいてHonorable Mention for Best Demoを受賞しました.

Our project bioSync received "Honorable Mention for Best Research Demo" at IEEE Virtual Reality 2016 held in South Carolina, USA during Mar.21-23.
Thank you for visiting our booth !

Jun Nishida and Kenji Suzuki, "bioSync: Wearable Haptic I/O Device for Synchronous Kinesthetic Experience", IEEE VR, 2016

IEEE VR 2016 | http://ieeevr.org/2016/

* Photo taken by Ms.Hayashida, Fujitsu Lab, Inc.

ieeevr2016_award

IEEE VR2016においてポスター・デモ発表を行いました

2016年3月21日〜23日に米国サウスカロライナ州で開催された国際学会IEEE Virtual Reality 2016 においてポスター発表,デモ発表を行いました.

We demonstrated and presented bioSync project at IEEE Virtual Reality 2016 held in South Carolina, USA during Mar.21-23.
Thank you for visiting our booth !

Jun Nishida and Kenji Suzuki, "bioSync: Wearable Haptic I/O Device for Synchronous Kinesthetic Experience", IEEE VR, 2016

IEEE VR 2016 | http://ieeevr.org/2016/

ieeevr2016_poster
ieeevr2016_poster2
ieeevr2016_posterFF
* Last Photo taken by Ms.Hayashida, Fujitsu Lab, Inc.

Laval Virtual Awards 2016の授賞式に参加しました

2016年3月23日から27日にフランスで開催されたLaval Virtual Awards 2016においてEnvironment & Health部門最優秀賞を受賞しました.

Our augmented human & virtual reality project, "bioSync" received Laval Virtual Awards in the category of Environment and Health !

Laval Virtual 2016 | http://www.laval-virtual.org/en/prices-competitions/laval-virtual-awards/laureats-2016.html

Jun Nishida and Kenji Suzuki, "bioSync: Synchronize Kinesthetic Experience among People", Laval Virtual Awards, France, Mar. 23-27, 2016

Interested in Press Material ?

You can download press kit here or contact me via contact form. The video material is available here.

lv2016_cel2
lv2016_cel

Laval Virtual 2016においてデモ展示を行いました

2016年3月23日から27日にフランス・ラバルで開催されたLaval Virtual 2016においてデモ発表を行いました.
たくさんのご来場ありがとうございました.

We demonstrated our project "
bioSync" at Laval Virtual 2016 held in France during Mar.23-27.
Thank you for visiting our booth !

Vimeo | https://vimeo.com/155394019

Jun Nishida and Kenji Suzuki, "bioSync: Synchronize Kinesthetic Experience among People", Laval Virtual Awards, France, Mar. 23-27, 2016

Interested in Press Material ?

You can download press kit here or contact me via contact form. The video material is available here.

lv2016_demo

Laval Virtual Awards 2016: Environment & Health部門最優秀賞を受賞しました

2016年3月23日から27日にフランスで開催されるLaval Virtual Awards 2016においてEnvironment & Health部門最優秀賞を受賞しました.

プレスキット

本プロジェクトに関するプレスキットはこちらからダウンロードできます.またはcontact formからお問い合わせ下さい.ビデオ資料はこちらから参照できます.

Our augmented human & virtual reality project, "bioSync" received Laval Virtual Awards in the category of Environment and Health !

Laval Virtual 2016 | http://www.laval-virtual.org/en/prices-competitions/laval-virtual-awards/laureats-2016.html

Jun Nishida and Kenji Suzuki, "bioSync: Synchronize Kinesthetic Experience among People", Laval Virtual Awards, France, Mar. 23-27, 2016

Interested in Press Material ?

You can download press kit here or contact me via contact form. The video material is available here.

筑波大学 平成29年度採用分学振説明会で講演しました

2016年3月8日に筑波大学で行われた平成29年度採用分日本学術振興会特別研究員の募集に係る学内説明会に講師として参加し,講演しました.これは研究力強化及び若手研究者育成の一環として,日本学術振興会特別研究員事業の採択率の向上を目指し,研究推進部が開催したものです.
当日は200名以上の参加があり,三明康郎研究担当副学長による開催挨拶の後,自身が申請した際の経験を踏まえた後輩へのアドバイスとして講演を行いました.

URL | https://www.tsukuba.ac.jp/event/e201602181400.html

I
UTDC2016

情報処理学会インタラクション2016でインタラクティブ発表賞(PC推薦)を受賞しました

2016年3月2日から4日に東京都科学技術館で行われた,情報処理学会主催のインタラクション2016においてインタラクティブ発表賞(PC推薦)を受賞しました.

情報処理学会インタラクションはHCIに関する国内最大の会議で,本研究は投稿論文計210件超の中からプレミアム発表枠に採択(採択率 18.2%)され,当日の審査を経て革新的なインタラクション研究の方向性を示し今後の情報処理分野での発展に寄与する優秀な発表と認められ,インタラクティブ発表賞(PC推薦)(採択率 3.6%)を受賞しました.たくさんのご来場ありがとうございました.

西田惇,鈴木健嗣,"bioSync: 運動覚同調インタラクションの提案と装着型運動覚入出力デバイスの開発",インタラクション2016論文集(プレミアム発表枠), ポスター, 東京, 2016

インタラクション2016 | http://www.interaction-ipsj.org/2016/

Interaction2016_1
Interaction2016_2

CHI 2016 Symposium on Emerging Japanese HCI Research Collection Programに口頭発表採択となりました

米国カリフォルニア州で開催される国際学会ACM SIGCHI 2016 Symposium on Emerging Japanese HCI Research Collection Programに口頭発表採択されました.

Jun Nishida and Kenji Suzuki, "Wearable Devices for Augmenting Embodied and Social Experience", ACM SIGCHI Extended Abstract, USA, May. 7-12, 2016

SIGCHI 2016 | https://chi2016.acm.org/wp/

CHI_Banner

bioSyncがSIGCHI 2016 Interactivityに採択されました

bioSyncが米国カリフォルニア州で開催される国際学会ACM SIGCHI 2016 Interactivity Sessionに採択されました.

Jun Nishida and Kenji Suzuki, "bioSync: Synchronous Kinesthetic Experience among People", ACM SIGCHI Extended Abstract, USA, May. 7-12, 2016

SIGCHI 2016 | https://chi2016.acm.org/wp/

CHI_Banner

bioSyncがIEEE VR 2016 Research Demos Sessionに採択されました

NEUROHackが米国サウスカロライナ州で開催される国際学会IEEE VR 2016 Research Demos Sessionに採択されました.

Jun Nishida and Kenji Suzuki, "bioSync: Wearable Haptic I/O Device for Synchronous Kinesthetic Experience", IEEE VR, 2016

IEEE VR 2016 | http://ieeevr.org/2016/

ieee_vr_banner

bioSyncがインタラクション2016においてプレミアム発表枠に採択されました

NEUROHackが東京都 科学技術館で開催される情報処理学会 インタラクション2016のインタラクティブ発表 プレミアム発表枠に採択されました.

西田惇,鈴木健嗣,
"bioSync: 運動覚同調インタラクションの提案と装着型運動覚入出力デバイスの開発",インタラクション2016論文集(プレミアム発表枠), ポスター, 東京, 2016

インタラクション2016 | http://www.interaction-ipsj.org/2016/

IPSJ_logoB_M

bioSyncがIEEE VR 2016 Poster Sessionに採択されました

NEUROHackが米国サウスカロライナ州で開催される国際学会IEEE VR 2016 Poster Sessionに採択されました.

Jun Nishida and Kenji Suzuki, "bioSync: Wearable Haptic I/O Device for Synchronous Kinesthetic Experience", IEEE VR, 2016

IEEE VR 2016 | http://ieeevr.org/2016/

ieee_vr_banner

産業技術総合研究所のセミナーにおいてトーク

2015年12月7日に,産業技術総合研究所 臨海副都心センター 人間情報研究部門 デジタルヒューマンリサーチグループのセミナーに参加し、「インタラクションの拡張に基づく気付き・デザイン・リハビリテーションの支援」についてトークを行いました.

IMG_0047 (1)

SIGGRAPH ASIA 2015 Symposium on Educationにおいてトーク

2015年11月2日から4日に神戸国際展示場で行われたACM主催SIGGRAPH ASIA 2015 Symposium on Educationにおいて「CHILDHOOD: Wearable Suit for Augmented Child Experience」について口頭発表しました.

Akihiko Shirai, Jun Nishida, Takahiro Sato, Kosuke Sato, Hikaru Takatori and Susumu Tachi, "Innovation in the age of virtual reality through organizing international student competition", SIGGRAPH ASIA 2015 Symposium on Education, Kobe, Nov. 2-5, 2015

DSC03977

第74回次世代センサ協議会セミナーにて講演を行いました

2015年10月6日に中央大学で行われた第74回次世代センサ協議会セミナーにおいて講演を実施しました.

西田惇, 高鳥光,佐藤綱祐,"小児の身体性を再現するスーツ「CHILDHOOD」の開発とその応用", 東京, 2015

第20回日本バーチャルリアリティ学会において口頭発表,デモ発表,パネルディスカッションを行いました

2015年9月9日から11日に東京電機大学で行われた第20回日本バーチャルリアリティ学会において"生体電位計測に基づく筋刺激を用いた装着型運動覚共有デバイス"について口頭発表及びデモ発表を実施しました.またパネルディスカッション「IVRC」においてパネラーとして参加しました.

吉本俊輔,稲見昌彦,安藤英由樹,橋本悠希,松尾佳菜子,西田惇"IVRC 国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト", 20回日本VR学会, 東京, 2015
西田惇,鈴木健嗣,"生体電位計測に基づく筋刺激を用いた装着型運動覚共有デバイス", 20回日本VR学会, 口頭, 東京 ,2015
西田惇,鈴木健嗣,"生体電位計測に基づく筋刺激を用いた装着型運動覚共有デバイス", 20回日本VR学会, ポスター, 東京 ,2015

DSC03467

SIGGRAPH2015のBirds of a Feather,ETech,Postersにおいて発表しました

2015年8月9日から13日にアメリカ・ロサンゼルスで行われたACM主催SIGGRAPH 2015のEmerging Technologies部門,ポスター部門において,"CHILDHOOD: Wearable Suit for Augmented Child Experience"について発表しました.

Jun Nishida, Hikaru Takatori, Kosuke Sato and Kenji Suzuki, "CHILDHOOD: Wearable Suit for Augmented Child Experience", SIGGRAPH 2015 Posters, USA, Aug. 9-13, 2015
Jun Nishida, Hikaru Takatori, Kosuke Sato and Kenji Suzuki, "CHILDHOOD: Wearable Suit for Augmented Child Experience", SIGGRAPH 2015 Emerging Technologies, USA, Aug. 9-13, 2015

DSC01033DSCF6611

ROBOMECH2015において発表しました

2015年5月17日から19日に京都市勧業館において開催された日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門主催のロボティクス・メカトロニクス講演会 in Toyamaに参加し,医療ロボティクス・メカトロニクス部門にて「脳神経外科における切開位置図示を支援する透過画像投影機器」についてポスター発表しました.

西田 , 鈴木 健嗣, "脳神経外科における切開位置図示を支援する透過画像投影機器", ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto, May 17-19, 2015

Virtual Reality Int'l Conference 2015において口頭発表しました

2015年4月8日から12日にフランスで開催されたVirtual Reality Int'l Conference 2015において,"CHILDHOOD: Wearable Suit for Augmented Child Experience"について口頭発表しました.

Jun Nishida, Hikaru Takatori, Kosuke Sato and Kenji Suzuki, "CHILDHOOD: Wearable Suit for Augmented Child Experience", Virtual Reality International Conference, France, Apr. 8-12, 2015

Laval Virtual 2015に出展しました

2015年4月8日から12日にフランスで開催されたLaval Virtual ReVolutionに出展しました.

Jun Nishida, Hikaru Takatori, Kosuke Sato and Kenji Suzuki, "CHILDHOOD: Wearable Suit for Augmented Child Experience", Laval Virtual ReVolution, France, Apr. 8-12, 2015

Laval Virtual Awards 2015においてScience, Learning and Humanities部門最優秀賞を受賞しました

2015年4月8日から12日にフランスで開催されたLaval Virtual Award 2015においてScience, Learning and Humanities部門最優秀賞を受賞しました.

Jun Nishida, Hikaru Takatori, Kosuke Sato and Kenji Suzuki, "CHILDHOOD: Wearable Suit for Augmented Child Experience", Laval Virtual Awards, France, Apr. 8-12, 2015

DSC06731

Augmented Human 2015においてデモ発表を行いました

Augmented Human 2015において,"Wearable Stimulation Device for Augmenting Kinesthetic Feedback among People"についてデモ発表を行いました.

Jun Nishida, Kanako Takahashi and Kenji Suzuki, "A Wearable Stimulation Device for Sharing and Augmenting Kinesthetic Feedback", Augmented Human, Singapore, Mar. 9-11, 2015

DSC04298DSC04334

つくばテクノロジー・ショーケース2015にてデモ発表を行いました

2015年1月21日につくば国際会議場で開催されたつくばテクノロジー・ショーケース2015においてデモ発表を行いました.

西田 , 髙鳥 , 佐藤 綱祐, "身体性変換スーツ「CHILDHOOD」の開発とその応用", SATテクノロジー・ショーケース2015, つくば, Jan. 21, 2015

AsiaHaptics2014においてポスター発表を行いました

2014年11月18日から20日に行われたAsiaHaptics2014においてポスター発表を行いました.

Jun Nishida, Kei Nakai, Akira Matsushita, and Kenji Suzuki, "Haptic Augmentation of Surgical Operation using a Passive Hand Exoskeleton", Asia Haptics, Tsukuba, Nov. 18-20, 2014

IVRC2014総合優勝

2014年10月22日から26日にかけて日本科学未来館において開催されたIVRC(International Virtual Reality Contest, 国際学生バーチャルリアリティコンテスト)2014において,代表を務めるチームが総合優勝,企業賞,国際展示会派遣賞を受賞しました.
出展の様子は日テレ SENSORSにて放送されました.

西田 , 髙鳥 , 佐藤 綱祐, "身体性変換スーツ チャイルドフード”,DC EXPO 2014, 東京, Sep. 17-19, 2014

第二回リーディング大学院学生会議プレゼンコンテストにおいて2等賞を受賞しました

2014年6月22日に熊本大学で開催された第二回リーディング大学院学生会議プレゼンコンテストにおいて2等賞を受賞しました.

DSC02620 - Version 2