Attended Forbes CEO Conference 2018

20181126日にパレスホテル東京で開催されたForbes Japan主催のForbes CEO Conference 2018に参加しました.
Attended Forbes CEO Conference 2018 held in Tokyo on Nov. 26th, 2018.

Forbes Japan | https://forbesjapan.com/forbes-live/event/ceo2018.html

Demo at Digital Contents Expo 2018

20181114日から16日に幕張メッセで開催された日本デジタルコンテンツ協会主催のDigital Contents Expo 2018にてbioSync: 筋活動共有に基づく人々の共感を支援する身体同調技術(Innovative Tecnolohifes 2018採択)についてデモ展示を行いました.

Invited exhibition at Digital Contents Expo 2018 during Nov. 14-16, 2018 at Makuhari Messe.

http://www.dcaj.or.jp/news/2018/08/innovative-technologies-2018.html

dcexpo2018_JunNishida_bioSync

OPEN 異能(Inno)vation 2018において招待展示

平成301024日に「OPEN 異能(Inno)vation 2018 ―Society5.0に向けて 始める 認める 繋がる」において招待展示を行いました.本イベントは,ICT分野において破壊的イノベーションの創出を支援する総務省 異能vationプログラムのイベントです.当日は1万件を超す提案から選ばれた本年度の最終選考通過者や企業賞受賞者のほか,卒業生や協力協賛企業等,600名以上の参加があり,活発な交流が行われました.プロジェクトbioSyncについて展示を行い,野田前総務大臣や小此木前国務大臣に説明を行いました.

Invited exhibition at Open Innovation 2018 held by the Japanese Ministry of Internal Affairs and Communications on Oct. 24th, 2018.

総務省報道発表 | http://www.soumu.go.jp/photo_gallery/02koho03_03002809.html
[写真提供 | 角川アスキー総合研究所]

Innovation_2018_junnishida

Demo at SonyCSL Open House

20181023日,24日にSony Computer Science Laboratories, Inc.で開催されたOpen HouseにてWired Muscle: Generating Faster Kinesthetic Reaction by Inter-Personally Connecting Musclesについて,SonyCSL研究員 Dr.Shunichi Kasaharaブース内においてデモ展示を行いました.

sonycsl_ophnhouse_JunNishida

Presented at ACM UIST 2018

Attended ACM UIST 2018 held in Berlin & Potsdam in Germany, during Oct. 14-17.

Jun Nishida and Kenji Suzuki, "Wearable Kinesthetic I/O Device for Sharing Muscle Compliance", ACM UIST Poster, Germany, Oct. 14-17, 2018 (PDF)

UIST2018

NHK 又吉直樹のヘウレーカ!にて放送

2018年9月12日放送のNHK 又吉直樹のヘウレーカ!「あの日の“カラダ”に戻りたい!?」において,プロジェクトCHILDHOODが取り上げられました.
Project CHILDHOOD was featured on NHK Television, on Sept. 12, 2018.

Listed for Innovative Technologies 2018

デジタルコンテンツ協会が実施する,イノベーションによってコンテンツ産業の発展に大きく貢献することが期待される技術を発掘・発信する事業「Innovative Technologies 2018」にbioSyncが採択されました.全ての採択技術は、国内外の先進コンテンツ技術が集まる「デジタルコンテンツEXPO(会期:11月14日〜16日、会場:幕張メッセ、Inter BEEと同時開催)」において展示され、一般公開及び製品化や産業応用に向けたマッチングが行われます。

Our project bioSync has been listed for Innovative Technologies 2018 held by Digital Content Association of Japan on Aug 22., 2018.

プレスリリース | http://www.dcaj.or.jp/news/2018/08/innovative-technologies-2018.html

Listed for Forbes Japan 30 Under 30

I was listed for Forbes Japan 30 Under 30 in the category of Healthcare & Science.
Will appear on a magazine of Forbes Japan on 25 Aug., 2018.

Forbes Japanが開催する「世界を変える30歳未満の日本人30人」に,Healthcare & Science部門から選出されました.2018年8月25日発売のForbes Japan(雑誌)に特集記事が掲載されます.
(文:
小川哲氏,写真: 原田教正氏)

Photos from
Forbes Japan | https://forbesjapan.com/articles/detail/22599/1/1/1

Pasted Graphic 1

forbes_japan_30_under_30

Talk at German Research Center for Artificial Intelligence (DFKI)

Talk at German Research Center for Artificial Intelligence (DFKI), on 10 Aug., 2018.

Talk at Dagstuhl Seminar of Human Computer Integration

Talk at Dagstuhl Seminar of Human Computer Integration in Germany on Aug. 6, 2018.

Jun Nishida, "HYPERSPECTIVE: Changing Perspectives by Wearable I/O Devices to Understand, Communicate and Cooperate with People", Dagstuhl Seminar 18322 "Human-Computer Integration", 2018

Human-Computer Integration
Organizers
Jonathan Grudin (Microsoft Research – Redmond, US)
Kristina Höök (KTH Royal Institute of Technology – Stockholm, SE)
Pattie Maes (MIT – Cambridge, US)
Florian Mueller (RMIT University – Melbourne, AU)

Dagstuhl-Seminar 18322 | https://www.dagstuhl.de/18322

[Photo taken by Pedro Lopes]

dagsthul_hci_2018_junnishida

Our full paper of CHILDHOOD project has been finally accepted to Transactions of Virtual Reality Society of Japan

Our full paper of CHILDHOOD project has been finally accepted to Transactions of Virtual Reality Society of Japan ! (In Japanese)
プロジェクトCHILDHOODのフルペーパー(基礎論文)がVR学会論文誌 第23巻第3号「クロスモーダル/マルチモーダル2」特集に採録となりました.

西田惇,松田壮一郎,大木美加,高鳥光,佐藤綱祐,鈴木 健嗣,"身体性変換スーツによる小児体験における知覚・運動特性の評価", 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.23, No.3, Sept. 2018 (in press)

Best Presentation Award at UTsukuba Standard Entrepreneurship Course

Received Best Presentation Award at UTsukuba Standard Entrepreneurship Course on 13 Jul, 2018.

週刊アスキー異能vation特別版に掲載

201868日に,週刊アスキー異能vation特別版に掲載されました.

「異能
(Inno)vation」をさらに深く知るために、「破壊的な挑戦部門」最終選考通過者や「ジェネレーションアワード部門」受賞者を取材した「週刊アスキー異能vation特別版」が公開されました。
8ページのPDFで、これまでの経緯、最終選考通過者のレポート、受賞者と協力協賛企業との連携例などが掲載されています。

ASCII.jp:『異能vation』が720日まで応募受付中!『週アス異能版』も無償公開!!
http://ascii.jp/elem/000/001/684/1684842/

Appeared in a magazine of Weekly ASCII on Jun 8, 2018.

weekly_ascii_innovation_nishida

埼玉県川口市立科学館とSKIPシティにおいて展示

2017916日から2018311日まで,埼玉県にあるSKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザの企画展「マジカリアル~VR・ARが作り出す不思議体験~」において,小児体験を再現する身体性変換スーツ「CHILDHOOD」の展示を行いました.
たくさんのご来場ありがとうございました.

Exhibited CHILDHOOD project at a science museum in Saitama pref, Japan during Sept. 16, 2017 to Mar. 11, 2018.

「マジカリアル~
VRARが作り出す不思議体験~」
2017916() – 2018311()

魔法のような力を使う!不思議な世界に入る!
企画展「マジカリアル~VR・ARが作り出す不思議体験~」は、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)といった最先端映像技術で『魔法みたいな(マジカル)』体験を『現実(リアル)』にできる――不可能を可能にする不思議な映像作品の数々を体験できる展覧会です。創造力を拡張させる驚きを体感してください!

会期:2017916日(土)~2018311日(日)
開館時間:9301700(入館は1630まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
会場:SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアムアクセスはこちら
料金:大人510円・小人250 (常設展もお楽しみいただけます)
お問い合わせ:映像ミュージアム 048-265-2500

http://skip-city.com/?p=3235

テレビ東京「2017トレたま年間大賞」ノミネート作品に選出

テレビ東京のニュース番組「WBS」の「トレンドたまご」コーナーでの「2017トレたま年間大賞」ノミネート作品にプロジェクトbioSyncが選出されました.

Project bioSync was selected for the finalist of 2017 Trend Award by the news program WBS, operated by TV Tokyo in December 9, 2017,

TV Tokyo Plus | http://www.tv-tokyo.co.jp/plus/business/entry/2017/015240.html

[画像 | 上記Blogより]

Pasted Graphic

総務省 異能vationプログラム 授賞式に参加しました

2017年11月22日に東京都で開催されたジェネレーションアワード授賞式・異能&企業交流会「OPEN 異能(Inno)vation Society5.0に向けて 始める 認める 繋がる」に参加し,総務省が実施する戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)平成29年度 独創的な人向け特別枠 「異能vation」プログラム 「破壊的な挑戦部門」採択にかかる授賞式に参加しました.

Attended an award ceremony of Japanese Ministry of Internal Affairs and Communications, SCOPE Innovation program on Nov. 22, 2017 in Tokyo, Japan.

週刊アスキー | http://ascii.jp/elem/000/001/593/1593563/
総務省プレスリリース | http://www.soumu.go.jp/photo_gallery/02koho03_03002158.html

[写真提供: 株式会社角川アスキー総合研究所]

Inno_award_20171122
Inno_award_20171122_02Inno_award_20171122_03

総務省 異能vationプログラムに採択となりました

総務省が実施する戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)平成29年度 独創的な人向け特別枠 「異能vation」プログラム 「破壊的な挑戦部門」の最終選考を通過し,本採択となりました.今年度は7,949件の応募の中から13件採択したとのことでした(*1).

本事業へは他薦により応募となりました.ご支援のほど誠にありがとうございました.

Received a research grant award from Japanese Ministry of Internal Affairs and Communications, SCOPE Innovation program on Oct. 27, 2017.

総務省報道発表 | http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000225.html

(*1) 野田総務大臣閣議後記者会見の概要(平成291027)

Innovation2017

「国立大学 附属学校のすべて」に掲載されました

2017年10月20日発売,東方通信社出版の「国立大学 附属学校のすべて」 (教育シリーズ) にインタビューが掲載されました.

内容紹介
戦前の師範学校の時代から戦後の混乱期にいたるまで、日本の教育のあり方を問い続けてきた国立大学附属学校。その伝統は今日に受け継がれ、国の教育拠点校、そして地域の公教育モデル校として機能している。またその数はいまや全国に259校園に上り、在校生は9万人に到達している。しかし、その一方で現在、15歳の学力は科学リテラシーで世界9位、数学的リテラシーで5位、読解力で8位に甘んじており、グローバル社会に対応した教育への転換が求められている。また、人口減社会にあって、国立大学附属学校の不要論も議論されている。そこで、本書では地域経済誌『コロンブス』の編集部が厳選した全国の21校の国立大学附属学校を取り上げるとともに、国立大学附属学校の関係者へのインタビューなどを通じて、国立大学附属学校の〝今〟を浮き彫りにしていく。

内容(「BOOK」データベースより)
幼稚園、小学校、義務教育学校、中学校、中等教育学校、高等学校、特別支援学校。もっと知りたい全国の附属学校園を徹底紹介!!

My interview has been featured on a book, "A to Z of National University Secondary Schools", on Oct 2017.

日本心理学会第81回・シンポジウムを開催

2017922日に福岡県・久留米市で開催された日本心理学会第81回大会の公募セッション「日常体験を記述せずに科学する方法論の新展開 -心理学と最先端テクノロジーとの対話-」において,話題提供を行いました.
たくさんのご来場ありがとうございました.

, 高橋 英之, 細田 , 鳴海 拓志, 西田 , 福島 宏器, "日常体験を記述せずに科学する方法論の新展開 -心理学と最先端テクノロジーとの対話-", 日本心理学会公募シンポジウム, SS-095, 2017

Held a symposium ("How to science embodied experience in a daily life without describing it ? - Intersection of psychology and engineering - ") at Annual Conference of Japan Psychology Association in Kurume, Fukuoka Pref on Sept. 22, 2017.

企画代表者,司会者:伴 碧(同志社大学)
企画者,話題提供者:高橋 英之#(大阪大学)
話題提供者:細田 耕#(大阪大学)
話題提供者:鳴海 拓志#(東京大学)
話題提供者:西田 惇#(筑波大学)
指定討論者:福島 宏器(関西大学)

jpa2017

ARS ELECTRONICA FESTIVAL 2017に出展しました

オーストリア・リンツで201796日から10日に開催されたARS ELECTRONICA FESTIVAL 2017において授業科目「Space Art Workshop」で制作したbioSuitsを発表しました.

Exhibited "bioSuits Project" designed at Space Art Workshop class at ARS ELECTRONICA FESTIVAL 2017 during Sept.6-10, 2017 in Linz, Austria.

Alberto Boem, John Brumley, Karlos Ishac, Jun Nishida, Takeshi Oozu, Rintaro Takashima, Hikaru Takatori, Tadayuki Tone, "Life the Space-Age: Experiments of Art and Technology in Zero Gravity", ARS ELECTRONICA, 2017

Featured on MSRA Newsletter

Featured on Microsoft Research Asia's newsletter, as titled "SIGGRAPH 2017:深度学算机形学的碰撞".

Weixin | https://mp.weixin.qq.com/s/QYFO9V6sZp1EKpwXtP6-HQ

weixin_MSRA

朝日新聞全国紙面にインタビュー記事が掲載されました

2017年7月22日付の朝日新聞全国紙面にインタビュー記事が掲載されました.

Appeared on Asahi Shinbun (Japanese Newspaper) on Jul. 22, 2017.

Our project has been invited to SIGGRAPH 2017 Experience Presentations

Our project "Wired Muscle" has been invited to SIGGRAPH 2017 Experience Presentations, which will be held in Los Angels, USA during Jul. 30 - Aug. 3.
This work has been done in a cooperation with Shunichi Kasahara, a researcher of Sony Computer Science Laboratory.

Jun Nishida*, Shunichi Kasahara*, and Kenji Suzuki. 2017. Wired Muscle: Generating Faster Kinesthetic Reaction by Inter-personally Connecting Muscles. In Proceedings of SIGGRAPH ’17 Emerging Technologies, Los Angeles, CA, USA, July 30 - August 03, 2017, 2 pages. https://doi.org/10.1145/3084822.3084844
* The first two authors contributed equally to this work.



Sony CSL | https://www.sonycsl.co.jp/member/tokyo/198/

SIGGRAPH 2017 | http://s2017.siggraph.org/content/emerging-technologies

SIGGRAPH2017 Banner

Moved to Microsoft Research Asia

Moved to Microsoft Research Asia in Beijing, PRC for my research intern.

Microsoft Research Asia | https://www.microsoft.com/en-us/research/lab/microsoft-research-asia/

Our project has been accepted to SIGGRAPH 2017 Emerging Technologies

Our project "Wired Muscle" has been accepted to SIGGRAPH 2017 Emerging Technologies, which will be held in Los Angels, USA during Jul. 30 - Aug. 3.
This work has been done in a cooperation with Shunichi Kasahara, a researcher of Sony Computer Science Laboratory.

Jun Nishida*, Shunichi Kasahara*, and Kenji Suzuki. 2017. Wired Muscle: Generating Faster Kinesthetic Reaction by Inter-personally Connecting Muscles. In Proceedings of SIGGRAPH ’17 Emerging Technologies, Los Angeles, CA, USA, July 30 - August 03, 2017, 2 pages. https://doi.org/10.1145/3084822.3084844
* The first two authors contributed equally to this work.



Sony CSL | https://www.sonycsl.co.jp/member/tokyo/198/

SIGGRAPH 2017 | http://s2017.siggraph.org/content/emerging-technologies

SIGGRAPH2017 Banner

Received University President Award

2017年5月18日に,筑波大学学長表彰を受賞しました.
学部生(B1),修士課程(M2)受賞分と合わせて3度目になります.

I have received my 3rd University President Award on May 18, 2017.


UTA2017_1UTA2017_2

プロジェクトbioSyncが,フジテレビ 夢のブラマヨ研究所 ブラック・トゥ・ザ・フューチャーで放送

プロジェクトbioSyncが,フジテレビ 夢のブラマヨ研究所 ブラック・トゥ・ザ・フューチャーで放送されました.
Our project bioSync has been featured on Fuji Television.

放送日 | 2017年5月14日(日)16:05~17:20
フジテレビ 夢のブラマヨ研究所 ブラック・トゥ・ザ・フューチャー | http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2017/170502-169.html

Talk & Demo at ACM CHI 2017

From May. 6 to 11 in Denver USA, we had a full paper presentation and an exhibition of bioSync Project at ACM CHI 2017.
Thank you for visiting our talk and booth !

May. 9 Tue. | Sensing & Input Session by Gierad Laput

ACM Digital Library | PDF

* Photo taken by Shirley : )

chi2017_talk_interactivity

Our full paper of bioSync project has been finally accpeted to CHI 2017 !

Our full paper of bioSync project has been finally accepted to CHI 2017 Papers !

Jun Nishida and Kenji Suzuki, 2017, "bioSync: A Paired Wearable Device for Blending Kinesthetic Experience", In Proceedings of the 35th Annual ACM Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI '17), 12 pages, DOI: 10.1145/3025453.3025829 (acceptance rate ~25%)

Image from CHI 2017 | https://chi2017.acm.org

chi2017_web_banner

第79回情報処理学会 企画セッション「将来の情報学リーダーが創造する新しい価値」にて講演しました

2017318日に名古屋大学 東山キャンパスで開催された第79回情報処理学会の企画セッション「将来の情報学リーダーが創造する新しい価値」において,講演を行いました.
たくさんのご来場ありがとうございました.

10:40-11:10 講演(3) 人々の身体的・社会的インタラクションをエンパワーする拡張生体技術
西田 惇 (筑波大学 グローバル教育院 人工知能研究室)
【講演概要】
本講演では,人の自立を支援し,人々の生活の質を向上させる新しいインタラクションとこれを実現する拡張生体技術について紹介する.運動覚体験の融合に基づく身体性共有とリハビリ支援や,身体性変換に基づく小児の身体性の再現とデザイン支援といった,人々の相互理解を支援するウェアラブルデバイスについて述べる.エンパワー(Empower)とは人に能力や権限を与えるという意味であり,これまで個人や集団が潜在的な能力を発揮することを可能にする社会を実現しようという社会学的な意味で用いられてきた.ここでは人々の残存機能の最大活用と主体的なインタラクションの保存に着目した新たな情報学を提唱し,その展望について述べる.
【略歴】
2014年筑波大学理工学群工学システム学類卒業.現在同大学院グローバル教育院一貫制博士課程エンパワーメント情報学プログラム在学中.2016年より日本学術振興会特別研究員(DC1).ヒューマンコンピュータインタフェース,拡張生体技術,ウェアラブルデバイスに関する研究に従事.受賞: Microsoft Research Asia Fellowship Award,IEEE VR Honorable Mention,筑波大学長表彰他35件.

Invited talk at 79th annual conference of Information Processing Society of Japan.


第79回情報処理学会「将来の情報学リーダーが創造する新しい価値」 | https://www.gakkai-web.net/gakkai/ipsj/79/event/html/event/A-4.html

* Photo taken by Associate Professor Takatsugu HIRAYAMA, Nagoya University

ipsj2017

Our full paper of bioSync project has been accepted to CHI 2017 Interactivity

Our full paper of bioSync project has been accepted to CHI 2017 Interactivity as Invited/Companion Demo.

bioSync Projectが米国コロラド州で開催される国際学会ACM SIGCHI 2017 Interactivity SessionInvited/Companion Demoとして採択されました.

CHI 2017 | https://chi2017.acm.org

Our full paper of bioSync project has been accepted to Transactions of Virtual Reality Scoiety of Japan

Our full paper of bioSync project has been finally accepted to Transactions of Virtual Reality Society of Japan ! (In Japanese)
プロジェクトbioSyncのフルペーパー(基礎論文)がVR学会論文誌 第22巻第1号「つなぐ技術(人・モノ・社 会)」特集に採録となりました.

西田 , 鈴木 健嗣, "bioSync: 人々の運動覚体験を融合するウェアラブルデバイス", VR学会論文誌「つなぐ技術(人・モノ・社会)」特集, Vol.22, No.1, 2017

テレビ東京 ワールドビジネスサテライト トレたまコーナーで放送されました

プロジェクトbioSyncが,テレビ東京 ワールドビジネスサテライト トレたまコーナーで放送されました.
Our project bioSync has been featured on TV Tokyo.

放送日 | 2017年1月24日
テレビ東京 ワールドビジネスサテライト トレたま | http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_125384/

ACM TEI2017 Studio: We-Coupling!: Designing New Forms of Embodied Interpersonal Connection

We are going to organize TEI Studio "We-Coupling!: Designing New Forms of Embodied Interpersonal Connection" , which covers participatory demos and discussions of co-embodiment related projects.
You can experience novel and exciting wearable devices that allow you to share or connect your sensation or experience with another person !

Join a day of creative experimentation in Yokohama, Japan !

Organizers: Robb Mitchell, Enrique Encinas, Shunichi Kasahara, Jun Nishida

https://wecoupling.wordpress.com
https://tei.acm.org/2017/

tei_banner

つくば医工連携フォーラム2017にて招待講演を行いました

2017120日に国立研究開発機構 物質・材料研究機構で開催されたつくば医工連携フォーラム2017の筑波大学セッションにおいて,招待講演を行いました.
たくさんのご来場ありがとうございました.

Invited talk at Tsukuba Medical Engineering Forum 2017


つくば医工連携フォーラム2017 | http://www.nims.go.jp/mana/ikourenkei2017/

me2017_topimage

ハードウェアコンテストGUGEN2016において,プロジェクトbioSyncが大賞を受賞しました

2016年12月17日に秋葉原コンベンションセンターで開催された株式会社P板.com主催のハードウェアコンテストGUGEN2016において,プロジェクトbioSyncが大賞を受賞しました.
たくさんのご来場ありがとうございました.

出展協力 | 筑波大学大学院 感性脳科学専攻 博士前期課程 西村渉氏
GUGEN2016 | https://gugen.jp





プレスキット

本プロジェクトに関するプレスキットはこちらからダウンロードできます.またはcontact formからお問い合わせ下さい.ビデオ資料はこちらから参照できます.

Our project bioSync received Best Award at Hardware Competition GUGEN 2016 held in Akihabara, Tokyo on Dec. 17th.

西田 惇,西村 渉, "bioSync: 身体接続技術に基づく新しいインタラクション", GUGEN2016, 2016

主著のフルペーパーがSIGCHI 2017 Papers & Notesに採択されました

主著のフルペーパーが米国コロラド州で開催される国際学会ACM SIGCHI 2017 Paper & Notes Sessionに採択されました.

Our full paper has conditionally accepted to CHI 2017 Papers & Notes !

Image from CHI 2017 | https://chi2017.acm.org

chi2017_web_banner

筑波大学広報誌TSUKUCOMM Vol.32 に掲載されました

筑波大学発行の広報刊行誌TSUKU COMM 7月号の受賞紹介ページにbioSyncが掲載されました.

広報刊行誌 TSUKU COMM[ツクコム] 2016.07発行(vol.32 29MB)
http://www.tsukuba.ac.jp/public/booklets/communications/
http://www.tsukuba.ac.jp/public/booklets/communications/pdf/201607.pdf

tsukucomm_32

Microsoft Research Asia PhD Fellowに採用されました

2016年11月2日,韓国ソウルで開催された 18th Computing in the 21st Century 2016において,Microsoft Research Asia PhD Fellowship Program 2016のFellowship Awardを受賞し,PhD Fellowに採用されました.

ウェアラブルデバイスによる人々の社会的・身体的相互作用の拡張を中心に,次世代インタラクションの開発や医療支援を目指して研究を進めます.

I received Microsoft Research Asia PhD Fellowship Award 2016 in Seoul, Korea. It is great honor to be a PhD fellow of Microsoft Research Asia ! I continue the study on augmenting social and embodied experiences among people by wearable devices for achieving novel interactions and medical assistance.

[ Photo | Microsoft Research Asia ]
MSRA_Ceremorny

[ Photo | Microsoft Research Asia ]
MSRA_Ceremorny2

ACM UIST2016 Student Innovation ContestにおいてHonorable Mention Awardを受賞しました

20161016日から19日に国立情報学研究所で開催された29th ACM User Interface Software and Technology Symposium (UIST2016) Student Innovation Contestにおいて,プロジェクトbioSyncHonorable Mention Awardを受賞しました.
たくさんのご来場ありがとうございました.

Our project bioSync was awarded as Honorable Mention Award at ACM UIST 2016 held in Tokyo, Japan on Oct 20.
Thank you for visiting our booth !

[ Photos from UIST flickr | taken by ACM Photographer Amy Zhang]
DSC_2575

DSC_2401

uist2016

bioSync Projectが週刊プレイボーイに掲載されました

集英社発行の週刊プレイボーイ2016年7月25日号の大人の社会科見学ルポマンガ 技術見聞で男泣き 秘密組織プレイメーソン #009【前編】人の可能性を広げる未来工房集団 筑波大学 エンパワーメント情報学にてbioSyncが紹介されました.

Project Dropsが第10回キッズデザイン賞を受賞しました

2016年7月14日にキッズデザイン協議会主催の第10回キッズデザインアワード(後援:経済産業省、消費者庁)において,プロジェクトDropsがキッズデザイン賞を受賞しました.

鈴木健嗣,河原圭佑*,西田惇*,蜂須拓*,"聴覚障害児の社会的相互作用を支援するスマートデバイス", キッズデザイン賞, Jul. 2016
* Equal Contribution

キッズデザイン協議会 | http://www.kidsdesign.jp

Our project Drops was awarded as Kids Design Award at Japan KIDS DESIGN AWARD 2016 on July 14th.

Kenji Suzuki,Keisuke Kawahara*,Jun Nishida*,Taku Hachisu*,"Smart Devices for Augmenting Social Interactions of Hearing-impaired Children", Japan Kids Design Award, Jul. 2016
* Equal Contribution

kda2016


KDA2016_logo

アート&テクノロジー東北2016にて優秀賞を受賞しました

2016年7月2日に岩手大学で開催されたアート&テクノロジ東北2016において,プロジェクトbioSyncが優秀賞を受賞しました.
たくさんのご来場ありがとうございました.

出展協力 | 筑波大学大学院 感性脳科学専攻 博士前期課程 西村渉氏



プレスキット

本プロジェクトに関するプレスキットはこちらからダウンロードできます.またはcontact formからお問い合わせ下さい.ビデオ資料はこちらから参照できます.

Our project bioSync was awarded as Excellent Award at Art & Technology Tohoku 2016 held in Iwate, Japan on July 2nd.

西田 惇,西村 渉, "bioSync: 身体接続技術に基づく新しい身体間体験", アート&テクノロジ東北, 2016


at2016_DSC05764

at2016_DSC05831

at2016_award

Samurai Island Expo 16にてトークとデモ展示をしました

2016年6月26日に株式会社サムライインキュベート主催のSamurai Island Expo 16にて,日本マイクロソフト社のセッション「Mashup! Future of Cognitive business 未来を作るコグニティブビジネスの展望」でトークを行いました.
たくさんのご来場ありがとうございました.

SAMURAI ISLAND EXPO'16 | http://samurai-island-expo.com

sie2016

株式会社リバネス本社にてトークを行いました

2016年6月14日に株式会社リバネスにてトークを行いました.
たくさんのご来場ありがとうございました.

Leave a nest Inc. | https://lne.st

株式会社WHITE本社にてトークを行いました

2016年5月30日にMilboxを開発販売する株式会社WHITE本社にてトークを行いました.
たくさんのご来場ありがとうございました.

WHITE Inc. | http://255255255.com

日本マイクロソフト株式会社の開発者向けイベントde:code 2016に出展しました

2016年5月24-25日にザ・プリンス・パークタワー東京で開催された日本マイクロソフト株式会社の開発者向けイベントde:code 2016に,bioSyncプロジェクトを出展しました.たくさんのご来場ありがとうございました.

プレスキット

本プロジェクトに関するプレスキットはこちらからダウンロードできます.またはcontact formからお問い合わせ下さい.ビデオ資料はこちらから参照できます.

We exhibited bioSync project at Microsoft de:code 2016 (Developer's Conference) held in Tokyo, Japan on May 24th and 25th.

西田 惇,"bioSync: 身体ハッキングに基づく次世代リハビリテーションの開発",Microsoft de:code, 2016

Microsoft de:code 2016 | https://www.microsoft.com/ja-jp/events/decode/2016/

decode_DSC05687
decode_DSC05703

G7茨城・つくば科学技術大臣会合開催記念事業 INNOVATION WORLD FESTA 2016に出展しました

2016年5月14日に筑波大学で開催されたG7茨城・つくば科学技術大臣会合開催記念事業 INNOVATION WORLD FESTA 2016に,bioSyncプロジェクトを出展しました.たくさんのご来場ありがとうございました.
展示協力: 筑波大学 河原圭佑氏

プレスキット

本プロジェクトに関するプレスキットはこちらからダウンロードできます.またはcontact formからお問い合わせ下さい.ビデオ資料はこちらから参照できます.

We exhibited bioSync project at G7 INNOVATION WORLD FESTA 2016 held in Tsukuba, Japan on May 14th.

西田 惇,"bioSync: 身体ハッキングに基づく次世代リハビリテーションの開発",G7茨城・つくば科学技術大臣会合開催記念事業 INNOVATION WORLD FESTA, 2016

G7茨城・つくば科学技術大臣会合開催記念事業 INNOVATION WORLD FESTA | http://www.j-wave.co.jp/iwf2016/

innovationworldfesta2016


Microsoft Innovation Award 2016において最優秀賞・日本航空アントレプレナー賞を受賞しました

2016年4月23日に日本マイクロソフト株式会社 品川本社で開催されたMicrosoft Innovation Award 2016において,プロジェクトbioSyncが最優秀賞および日本航空アントレプレナー賞を受賞しました.
たくさんのご来場ありがとうございました.



プレスキット

本プロジェクトに関するプレスキットはこちらからダウンロードできます.またはcontact formからお問い合わせ下さい.ビデオ資料はこちらから参照できます.

Our project bioSync was awarded as Best Award and Japan Airlines Entrepreneur Award at Microsoft Innovation Award 2016 held in Tokyo, Japan on April 23rd.



西田 惇,"bioSync: 身体ハッキングに基づく次世代リハビリテーションの開発",Microsoft Innovation Award, 2016

Microsoft Innovation Award | https://www.microsoft.com/ja-jp/ventures/mia/
上から,提供: 日本マイクロソフト株式会社,集合写真家 武市真拓氏

YF8_1922


InnovationDay20160423_190606_0 - Version 3

Microsoft Innovation Award 2016 ファイナリストに選出されました

2016年4月23日に日本マイクロソフト株式会社 品川本社で開催されるMicrosoft Innovation Award 2016のファイナリストに選出されました.



プレスキット

本プロジェクトに関するプレスキットはこちらからダウンロードできます.またはcontact formからお問い合わせ下さい.ビデオ資料はこちらから参照できます.

Our project bioSync is elected as a finalist for Microsoft Innovation Award 2016 which will be held in Tokyo, Japan on April 23rd.

西田 惇,"
bioSync: 身体ハッキングに基づく次世代リハビリテーションの開発",Microsoft Innovation Award, 2016

Microsoft Innovation Award | https://www.microsoft.com/ja-jp/ventures/mia/

MIA16-logo