AS_crc_128_2

西田 惇 | NISHIDA Jun  [CV]

Microsoft Research Asia PhD Fellow 兼 文部科学省/日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
筑波大学
グローバル教育院 エンパワーメント情報学プログラム 一貫制博士課程4年次(博士後期課程2年)(人間情報学) / サイバニクス研究センター / 人工知能研究室

概略

筑波大学 エンパワーメント情報学プログラム(文部科学省/日本学術振興会 博士課程リーディングプログラム)の一貫制博士課程に在籍しています。2016年度より文部科学省/日本学術振興会 特別研究員(DC1)、Microsoft Research Asia PhD Fellow。人の身体・認知機能の補完・拡張に基づく医療・リハビリ支援といった医工融合研究、人々の間での新しい感覚コミュニケーションを実現する次世代インタフェースの開発、他者の身体認知特性への本質的変換・同調(マルチモーダルVR)によるプロダクトデザイン支援や、身体性の融合における人々のインタラクションの工学的モデル化と認知科学的評価を中心に、新しい身体的・社会的体験や感覚的コミュニケーションの提案を目指して研究を行っています。

専門: 電子回路・生体医工学を中心とした生体信号処理、感覚提示/感覚共有/感覚融合/感覚変換/感覚代行、外骨格、筋電気刺激、インタラクション、VR、装着型デバイスなど。

ACM会員,IEEE会員,情報処理学会会員,VR学会会員
主な受賞: 文部科学大臣表彰、科学技術政策担当大臣賞、科学技術振興機構賞、筑波大学長表彰
3回、IVRC2014総合優勝、米国特許協会賞ほか30賞。

主なプロジェクト

ヒトの身体性の共有・変換・拡張に基づくサイボーグ・インタフェースによる社会的相互作用支援


bs_icon_128      ch_icon 128       dr_icon 128



経歴

2016.11 Microsoft Research Asia PhD Fellow 採用
2016.04 文部科学省/日本学術振興会 特別研究員(DC1) 採用
2014.04 筑波大学 グローバル教育院 エンパワーメント情報学プログラム 一貫制博士課程 入学
2014.03 筑波大学 理工学群 工学システム学類 卒業
2010.04 筑波大学 理工学群 工学システム学類 入学

競争的資金・研究助成金・奨学金

企業・大学・国の事業による助成金等
2016 - 2019 Microsoft Research Asia PhD Fellowship Award
2016 - 2019 文部科学省/日本学術振興会 特別研究員制度 | DC1(面接免除) 平成28年度採用
2014 筑波大学 エンパワーメント情報学プログラム プロジェクト研究 研究代表者
2014-2016 文部科学省/日本学術振興会 博士課程リーディングプログラム 特別奨励学生
2012 文部科学省/理数学生応援プログラム事業 平成24年度 筑波大学 研究者先導的体験プログラム 研究代表者
2011 文部科学省/理数学生応援プログラム事業 平成23年度 筑波大学 研究者先導的体験プログラム 研究代表者
2010 文部科学省/理数学生応援プログラム事業 平成22年度 筑波大学 研究者先導的体験プログラム 研究代表者
2010 - 2014 米国Agilent Technologies, Inc. 給付型奨学金
2007 - 2010 文部科学省/スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業

受賞歴

市町村・県・地方規模のものを除く主要な受賞歴等
学長表彰, May 2017, *1
大賞
, GUGEN2016, Dec 2016, *1
Honorable Mention Award
, ACM UIST 2016 Student Innovation Contest, Oct 2016, *1
PhD Fellowship Award
, Microsoft Research Asia PhD Fellowship Program 2016, Oct 2016, *1
キッズデザイン賞,
Japan KIDS DESIGN AWARD 2016, July 2016, *2
優秀賞
, アート&テクノロジー東北2016, July 2016, *3
最優秀賞
, Microsoft Innovation Award, April 2016, *1
日本航空アントレプレナー賞, Microsoft Innovation Award, April 2016, *1
Honorable Mention for Best Research Demo,
IEEE Virtual Reality 2016, March 2016, *1
Laval Virtual Awards: Environment & Health, 18th International Conference and Exhibition of Virtual Technologies and Uses, March 2016, *1
インタラクティブ発表賞(PC推薦),
Information Processing Society of Japan Interaction, March 2016, *1
上位賞,
Japan KIDS DESIGN AWARD 2015, August 2015, *4
キッズデザイン賞, Japan KIDS DESIGN AWARD 2015, July 2015, *4
学長表彰, May 2015, *4
World Citizenship部門賞, Microsoft Imagine Cup Japan 2015, April 2015, *4
Laval Virtual Awards: Learning, Science and Humanities, 17th International Conference and Exhibition of Virtual Technologies and Uses, March 2015, *4
総合優勝, International Virtual Reality Contest 2014, October 2014, *4
Laval Virtual賞, International Virtual Reality Contest 2014, October 2014, *4
Christie Digital Systems社賞, International Virtual Reality Contest 2014, October 2014, *4
一等賞, Univ. of Tsukuba AI Lab Summer Seminar Contest, July 2014, *1
二等賞, 2nd Leading University Student Meeting Presentation Contest, June 2014, *1
金賞, Japan Research Festa 2012, August 2012, *1
分野最優秀賞( 情報・融合 ), Japan Science Inter-college 2012, February 2012, *1
東芝賞, Japan Science Inter-college 2012, February 2012, *1
学長表彰, October 2010, *1
二等賞,Tsukuba Robot Contest 2010, September 2010, *1
文部科学大臣表彰, July 2010, *1
Best Programmer, Millennium Youth Camp in Finland 2010, June 2010, *1
米国知的財産協会2等賞, Intel International Science & Engineering Fair 2010, May 2010, *1
アジレントテクノロジー給付型奨学金賞, Intel International Science & Engineering Fair 2010, May 2010, *1
工学・生体工学・材料工学部門3等賞, Intel International Science & Engineering Fair 2010, May 2010, *1
Intel International Science & Engineering Fair 2009, May 2009, *1
科学技術政策担当大臣賞, Japan Science & Engineering Challenge 2009, December 2009, *1
Agilent Technologies 特別賞, Japan Science & Engineering Challenge 2008, December 2008, *1
科学技術振興機構賞, Japan Science & Engineering Challenge 2008, December 2008, *1
文部科学大臣賞, Japan Student Science Award 2007, December 2007, *5
JFE Steel社賞, Japan Science & Engineering Challenge 2007, December 2007, *5
文部科学大臣奨励賞, National Super Science Highschool Conference 2007, August 2007, *5
一等賞, Japan Physics Society for High School Students 2007, March 2007, *5

*1 Jun Nishida
*2 Kenji Suzuki, Keisuke Kawahara,
Jun Nishida, Taku Hachisu
*3
Jun Nishida, Wataru Nishimura
*4
Jun Nishida, Hikaru Takatori, Kosuke Sato
*5 Kento Nakajima, Shintaro Okada,
Jun Nishida, Kotaro Higuchi, Shunya Maezawa


Publication & Presentation

学会発表・講演・展示等
Jun Nishida*, Shunichi Kasahara*, and Kenji Suzuki. 2017. Wired Muscle: Generating Faster Kinesthetic Reaction by Inter-personally Connecting Muscles. SIGGRAPH ’17 Emerging Technologies, 2017 (PDF)
Jun Nishida
and Kenji Suzuki, "bioSync: A Paired Wearable Device for Blending Kinesthetic Experience", ACM SIGCHI Papers, USA, May. 6-11, 2017 (PDF)
Jun Nishida and Kenji Suzuki, "bioSync: A Paired Wearable Device for Blending Kinesthetic Experience", ACM SIGCHI Interactivity (Invited/Companion Demo), USA, May. 6-11, 2017
西田惇
, 鈴木 健嗣, "bioSync: 人々の運動覚体験を融合するウェアラブルデバイス", 日本バーチャルリアリティ学会論文誌「つなぐ技術(人・モノ・社会)」特集, Vol.22, No.1, 2017
佐藤綱祐,西田惇,高鳥光,"CHILDHOOD: 小児の体験を再現する装着型身体性変換スーツ", 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.22, No.1, Mar, 2017
Robb Mitchell,
Jun Nishida, Enrique Encinas and Shunichi Kasahara, "We-Coupling! Designing New Forms of Embodied Interpersonal Connection", ACM TEI Studio, 2017
西田惇
,西村渉,"bioSync: 身体接続技術に基づく新しいインタラクション", GUGEN, 東京, Dec 17, 2016
Jun Nishida
and Kenji Suzuki, "bioSync: Synchronous Kinesthetic Experience among People", ACM UIST Student Innovation Contest, Tokyo, Oct. 16-19, 2016
鈴木健嗣,河原圭佑,
西田惇,蜂須拓,"聴覚障害児の社会的相互作用を支援するスマートデバイス", キッズデザイン賞, July 2016
西田惇
,西村渉,"bioSync: 身体接続技術に基づく新しい身体間体験", アート&テクノロジー東北, 岩手, July 2, 2016
西田惇
,"bioSync: 身体ハッキングに基づく次世代リハビリテーションの開発", Microsoft de:code, 東京, May 24-25, 2016
Jun Nishida and Kenji Suzuki, "Wearable Devices for Augmenting Embodied and Social Experience", ACM SIGCHI Extended Abstract, USA, May. 7-12, 2016
Jun Nishida and Kenji Suzuki, "bioSync: Synchronous Kinesthetic Experience among People", ACM SIGCHI Extended Abstract, USA, May. 7-12, 2016
西田惇,"bioSync: 身体ハッキングに基づく次世代リハビリテーションの開発", Microsoft Innovation Award, 東京, April 23, 2016
Jun Nishida and Kenji Suzuki, "bioSync: Synchronize Kinesthetic Experience among People", Laval Virtual Awards, France, Mar. 23-27, 2016
Jun Nishida
and Kenji Suzuki, "bioSync: Wearable Haptic I/O Device for Synchronous Kinesthetic Interaction", IEEE VR Research Demos, USA, Mar. 19-23, 2016
Jun Nishida
and Kenji Suzuki, "bioSync: Wearable Haptic I/O Device for Synchronous Kinesthetic Interaction", IEEE VR Poster, USA, Mar. 19-23, 2016
西田惇
,鈴木健嗣,"bioSync: 運動覚同調インタラクションの提案と装着型運動覚入出力デバイスの開発"インタラクション2016(プレミアム発表枠), ポスター, 東京, 2016
西田惇
, "インタラクションの拡張に基づく気づき・デザイン・リハビリテーションの支援", 産業技術総合研究所DHRGセミナー, 東京, Dec.7, 2015
Akihiko Shirai,
Jun Nishida, Takahiro Sato, Kosuke Sato, Hikaru Takatori and Susumu Tachi, "Innovation in the age of virtual reality through organizing international student competition", SIGGRAPH ASIA 2015 Symposium on Education, Kobe, Nov. 2-5, 2015
西田惇, 高鳥光,佐藤綱祐,"小児の身体性を再現するスーツ「CHILDHOOD」の開発とその応用", 次世代センサ協議会, 東京, 2015
Jun Nishida, Hikaru Takatori, Kosuke Sato and Kenji Suzuki, "CHILDHOOD: Wearable Suit for Augmented Child Experience", SPECULUM ARTIUM, Slovenia, Oct. 15-17, 2015
吉本俊輔,稲見昌彦,安藤英由樹,橋本悠希,松尾佳菜子,西田惇"IVRC 国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト", 20回日本VR学会, 東京, 2015
西田惇,鈴木健嗣,"生体電位計測に基づく筋刺激を用いた装着型運動覚共有デバイス", 20回日本VR学会, 口頭, 東京 ,2015
西田惇,鈴木健嗣,"生体電位計測に基づく筋刺激を用いた装着型運動覚共有デバイス", 20回日本VR学会, ポスター, 東京 ,2015
Jun Nishida, Hikaru Takatori, Kosuke Sato and Kenji Suzuki, "CHILDHOOD: Wearable Suit for Augmented Child Experience", SIGGRAPH 2015 Posters, USA, Aug. 9-13, 2015
Jun Nishida, Hikaru Takatori, Kosuke Sato and Kenji Suzuki, "CHILDHOOD: Wearable Suit for Augmented Child Experience", SIGGRAPH 2015 Emerging Technologies, USA, Aug. 9-13, 2015
西田 , 髙鳥 , 佐藤 綱祐, “小児の身体性を再現する身体性変換スーツ「CHILDHOOD」の開発と空間環境のアウェアネス支援”, 9回キッズデザイン賞, 東京, Aug. 3, 2015
西田 , 髙鳥 , 佐藤 綱祐, “小児の身体性を再現する身体性変換スーツ「CHILDHOOD」の開発と空間環境のアウェアネス支援”, 233D&バーチャルリアリティ展示会, 東京, Jun. 24-26, 2015
西田 , 鈴木 健嗣, "脳神経外科における切開位置図示を支援する透過画像投影機器", ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto, May 17-19, 2015
西田 , 髙鳥 , 佐藤 綱祐, “CHILDHOOD”, Microsoft Imagine Cup Japan 2015, 東京, Apr. 11, 2015
Jun Nishida, Hikaru Takatori, Kosuke Sato and Kenji Suzuki, "CHILDHOOD: Wearable Suit for Augmented Child Experience", Laval Virtual Awards, France, Apr. 8-12, 2015
Jun Nishida, Hikaru Takatori, Kosuke Sato and Kenji Suzuki, "CHILDHOOD: Wearable Suit for Augmented Child Experience", Laval Virtual ReVolution, France, Apr. 8-12, 2015
Jun Nishida, Hikaru Takatori, Kosuke Sato and Kenji Suzuki, "CHILDHOOD: Wearable Suit for Augmented Child Experience", Virtual Reality International Conference, France, Apr. 8-12, 2015
Jun Nishida, Kanako Takahashi and Kenji Suzuki, "A Wearable Stimulation Device for Sharing and Augmenting Kinesthetic Feedback", Augmented Human, Singapore, Mar. 9-11, 2015
西田 , 髙鳥 , 佐藤 綱祐, "身体性変換スーツ「CHILDHOOD」の開発とその応用", SATテクノロジー・ショーケース2015, つくば, Jan. 21, 2015
Jun Nishida, Kei Nakai, Akira Matsushita, and Kenji Suzuki, "Haptic Augmentation of Surgical Operation using a Passive Hand Exoskeleton", Asia Haptics, Tsukuba, Nov. 18-20, 2014
西田 , 髙鳥 , 佐藤 綱祐, "身体性変換スーツ チャイルドフード”,DC EXPO 2014, 東京, Sep. 17-19, 2014
西田 , 髙鳥 , 佐藤 綱祐, "身体性変換スーツ チャイルドフード", 19回日本バーチャルリアリティ学会大会, 名古屋, Sep. 17-19, 2014
西田 , 鈴木 健嗣, "脳神経外科における装着型手術手技支援機器の開発", ロボティクス・メカトロニクス講演会2014 in Toyama, May 25-29, 2014
西田惇, 鈴木 健嗣, “手術ナビゲーション支援機器のための透過MR画像投影法”, 電子情報通信学会, 新潟, Mar. 18-21, 2014
西田惇, 松下明,中井啓, 松村明, 鈴木 健嗣, “透過画像投影法を用いた手術ナビゲーション支援機器”, 32回筑波脳神経外科研究会, つくば, Feb.2, 2014

Media

出演し解説等を行ったもの
[新聞] 朝日新聞,July 2017
[TV]
フジテレビ 夢のブラマヨ研究所, May 2017
[Web] RBB Today IT/Digital, Mar 2017
[
TV] テレビ東京 WBS トレたまコーナー, Jan 2017
[
雑誌] 筑波大学広報誌TSUKUCOMM vol.32, July 2016
[
雑誌] 週間プレイボーイ, July 2016
[TV] RTV, Slovenia, RTV SLO, October 2015
[
雑誌] CGWORLD, September 2015
[TV] NEWS ZERO, Nippon Television Network, June 2015
[TV] Mezamashi TV, Fuji Television, May 2015
[TV] M6, France, Métropole Télévision, April 2015
[TV] NEXT WORLD, NHK Special, NHK | Nippon Housou Kyoukai, January 2015
[TV] SENSORS, Nippon Television Network, October 2014
[TV] BS Asahi News Bird, BS Asahi, 2010
[TV] ABC News USA, May 2010
[
新聞] 朝日新聞,July 2008
[
新聞] 読売新聞,Dec 2008
[
新聞] 産経新聞,Aug 2008
[
新聞] 産経新聞,Jan 2008
[
雑誌] JST News, Oct 2007
[
雑誌] nature digest, Oct 2007
[
新聞] 産経新聞,July 2007
[
新聞] 産経新聞,March 2007

Links

関係機関・所属機関等
筑波大学 システム情報系 | 人工知能研究室
筑波大学 |
サイバニクス研究センター
筑波大学 |
未来医工融合研究センター
筑波大学附属病院 |
脳神経外科
筑波大学 |
エンパワーメント情報学プログラム
特定非営利活動法人 |
日本サイエンスサービス

SIGGRAPH2017 / CHI2017 / Microsoft Research Asia PhD Fellowship Award 2016 / CHI 2016 / Microsoft Innovation Award 2016 / GUGEN2016 / IVRC2014 / CHILDHOODプロジェクトリーダー / SIGGRAPH 2015 / SIGGRAPH Asia 2015 / ARS ELECTRONICA 2014 / Augmented Human 2015 / IEEE VR 2016 / Laval Virtual 2015 / VRSJ2014, 2015 / インタラクション2016 / ROBOMECH 2014, 2015 / 電子情報通信学会 2014 / AsiaHaptics 2014 / Imagine Cup 2015 / つくばテクノロジーショーケース 2010, 2015 / IVR:3D & Virtual Reality 2015 / SPECULUM ARTIUM 2015 / キッズデザイン賞 2015 / DC EXPO 2014 / Millennium Youth Camp 2010 / SSH / ISEF2009, 2010, 2011 / JSEC2007, 2008, 2009 / NSS Nippon Science Service